おしらせ

七五三参り

令和元年 七五三参りのご案内

お子様の成長の節目を祝う『七五三参り』。今年も11月15日を御当日として、11月には多くのお子様がご参詣されます。熊本の中でも地域によって時期の差があるようです。
七五三はすべて数え年で
・三才(満2才)の男女が髪置
・五才(満4才)の男の子が袴着
・七才(満6才)の女の子が帯解
またそれ以外に熊本では、数え年四才の男女を紐解としてお越しになる風習もあります。
御祭神 加藤清正公の御照覧のもと、どんな状況にも勝ち抜く強さや、心の大きな子に育つように祈願致します。

御当日とその前後の週の土日は、特に混雑が予想されます。
皆様のお越しをお待ちしております。
《※交通機関について》
※只今交通センター側の行幸坂が通行止めでございますので、京町方面からお越しください。
※平日と土曜日のみ、二の丸駐車場からの連絡通路が開通しております。アクセスが容易となっておりますので、各城内駐車場をご利用いただけると幸いに存じます。
※また、石垣崩落により境内の駐車スペースが例年より狭小となっております。極力お乗り合わせの上おいでくださいませ。
《※祈願制限について》
11月の土日祝日、お車の交通安全祈願や、お子様の成育祈願以外の御祈願は、午後2時以降においで頂けると混雑が避けられるかと思います。

お問合せ: 加藤神社社務所 096-352-7316

正月巫女奉仕者募集

「令和2年度正月巫女奉仕者募集項」の配布を始めました。


正月の社頭における巫女奉仕を希望される方は、社務所にて配布する「令和2年度正月巫女奉仕者募集要項」をごらんの上、保護者の了承を得てお申し込みください。また、採用の者で学校の許可を必要とする者は、説明会までに必ず許可を受けるようにしてください。(学校への届は、アルバイトではないので、奉仕活動届として提出すること。)

詳細は、「令和2年度正月巫女奉仕者募集要項」をご確認ください。ご不明の点は、電話もしくはメールにてご確認下さい。願書渡しの際、その他詳細については説明いたします。

お問合せ: 加藤神社社務所 096-352-7316

清正公まつり

前夜祭7月20日(土)午後5時~
神幸祭7月28日(日)午後3時宮出し

前週の土曜日に夜市が行われます。夜店などお子様にも楽しんで頂けます。神幸祭は15時より行われ、神幸行列の他、子供たちの「千人清正」や勇壮な神輿の競演などが市中心街を練り歩きます。
 年々参加者も増え、熊本の夏の風物詩となっております。




詳細はこちらをご覧下さい。

 「夏越大祓」 茅の輪くぐり (6月30日)

日本には古来より様々な神事や儀礼があります。それは過去を振り返り、明日からの生活をより豊かにするためのものであります。
その中で6月30日の夏越大祓、12月31日の年越大祓半年の罪穢を祓い清める年2回の精神的決算日であります。
そこで加藤神社におきましては、人とペットの災難除の為の年に1度の夏越大祓を斎行致しております。



人にも車にもペットにも諸々の災いなく、常に明るく幸せな日々を送れますように、ぜひ、「清正公」へのご祈祷とご参列、また形代神事をお申込みくださいますようご案内申し上げます。

6月30日 午後2時より 夏越大祓神事
6月30日 午後3時より10時まで 茅の輪くぐり

※人用、車用、ペット用形代は社務所にて準備しております。

※限定御朱印の初穂料は500円でございます。
※限定御朱印はお持ち込みの帳面への記帳はできませんのでご了承ください。
※数に限りがございます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

※駐車スペースに限りがございます。
公共交通機関・城内駐車場などご利用いただけると幸いです。

年祝いのお知らせ

春季大祭



来たる四月二十四日10:00~、春季大祭御当日祭が齋行されます。例年当神社ではこの日を『春季大祭』御当日として齋行申し上げており、清正公のご神前に於いて皇室の弥栄と国民の安寧が祈念されます。

節分祭 2月3日

img_8619.jpg img_8712.jpg img_8688.jpg img_8593.jpg
節分祭は追儺、鬼やらいといい悪霊・邪鬼を追い払う行事とされていました。平安時代頃から行われており、「福は内、鬼は外」の掛け声とともに豆を撒く意味は、豆に宿っている穀霊が生命の源の象徴と考えられ鬼に豆をぶつけることにより、邪気を払い無病息災、家内安全を願うものです。当社では、宮司以下斎員が先頭となり「鬼は外」「福は内」と声高らかに豆を撒き、御祭神清正公に由縁の深い「厄除け虎」の虎の口をくぐり、皆様の除災招福を祈念致します。
当日には、ご参拝の方に節分豆の配布がございます。(※数に限りがございます。)

安産祈願 お宮参り


クリックすると拡大します

交通規制のお知らせ


クリックすると拡大します

【交通規制のお知らせ】
12月31日(大晦日)は午後9時より1月3日午後9時までの間、『神社前~監物台樹木園前~埋門前まで』車両全面通行止めとなります。
お車でお越しの方は、城域内の駐車場か市街地・京町の駐車場をご利用くださいませ。
歩行者通路が開通して三の丸第二駐車場からのアクセスも良好となりました。



来たる四月二十四日10:00~、春季大祭御当日祭が齋行されます。例年当神社ではこの日を『春季大祭』御当日として齋行申し上げており、清正公のご神前に於いて皇室の弥栄と国民の安寧が祈念されます。

正月巫女奉仕者募集

「平成30年度正月巫女奉仕者募集項」の配布

正月の社頭における巫女奉仕を希望される方は、社務所にて配布する「平成30年度正月巫女奉仕者募集要項」をごらんの上、保護者の了承を得て申し込むこと。また、採用の者で学校の許可を必要とする者は、説明会までに必ず許可を受けること。(学校への届は、アルバイトではないので、奉仕活動届として提出すること。)

 

詳細は、「平成30年度正月巫女奉仕者募集要項」をご確認ください。ご不明の点は、電話もしくはメールにてご確認下さい。願書渡しの際、その他詳細については説明いたします。

お問合せ: 加藤神社社務所 096-352-7316

加藤神社写真室リニューアル



神社境内の左奥にあります写真室がリニューアルして加藤神社の直営となりました。併せて連絡先が変更となります。

加藤神社写真室 Tel:096-227-6840
写真室 http://www.kato-jinjya-syashin.com/
お子様の初宮詣・百日祝・七五三、そして厄入・厄晴、還暦などのお祝い事でお集まりの皆様…。清正公のご神前にてお参りされ、大事な人生の節目のお姿を写真に残してみては如何でしょうか。

御札御守送付の取りやめについて

昨年4月の熊本地震により、53日間城域内への立ち入りが叶わず、城内にある当神社においては皆様にご参拝頂けない状況が続きました。そのような状況を鑑みて始まった御守・御札の送付案内、ホームページを通じてさまざまな方に御札や御守りをお受けいただきましたが、本来、御守やお札は直接ご参詣いただいた方に“神様のわけみたま”としてお分かちするものであります。

現在、御参り頂ける状況が整いましたので、ホームページ上での御守・御札の送付案内を中止させていただきたく思います。ただし、今後も【身体的なご事情や遠方にお住まいなどで御参りが難しい方】に限り、お電話にて御守・御札の送付に関してのご相談を受け付け致します。

本来の意味と、その経緯を皆様にご理解頂ければ幸いに存じます。

熊本城内 加藤神社

交通規制のお知らせ

大晦日午後9時~正月三が日 



正月三が日は、交通規制を実施しますので神社への車両進入はできなくなります。お車でお越しの際は、二の丸駐車場、三の丸第2駐車場(共に有料)、周辺の一般駐車場をご利用ください。
1月4日以降は、京町方面からのみ車両進入が可能になります。

チガヤを束ねた「茅の輪」をくぐる。それは半年間の罪を祓い清める業。
次の半年の健康と幸せを祈る大祓それはあなた自身の忘れてはならない
心の決算日です。



六月三十日午後二時より 夏越大祓神事
六月三十日午後三時から十時まで茅の輪くぐり

人用・車用・ペット用形代は社務所にて準備いたしております。
参列されない方は、形代と初穂料を六月三十日の正午までに必着するよう郵送もしくはご持参ください。

6月1日 年祝い祈願のご案内」 

熊本城内も緑が濃くなり、夏を感じる暑さになってきました。
熊本に於いては、還暦・古希・喜寿などの年祝の御参りを、6月の朔日に行う風習があります。例年多くの方に御参詣いただいておりますが、現在立ち入り禁止区域になっていることから、関係者以外の通行が出来ない状況にあります。 よって6月1日は、『二ノ丸公園駐車場〜加藤神社まで』の無料シャトルバスを運行致します。

※6月1日シャトルバス運行のご案内

【時間】 午前8時から午後4時頃まで
【運行区間】二ノ丸公園駐車場〜加藤神社 所要時間は2分ほど、ご乗車の状況をみて随時往復致します。 皆様のお越しをお待ちしております。 今後少しずつではありますが、こうして皆様のご参詣頂ける日を増やしていけたらと考えております。 5月末現在、少しずつ城内の復旧作業も始まりました。6月に入るとまた状況も変わってくるかと思いますので、当神社ホームページ・Facebookにおいても随時お知らせを致します。 どうぞよろしくお願い致します。
クリックで拡大表示

「震災によるご祈願の対応について」 

祈願につきましては、現在神社社殿での一般祈願をお受けできませんので、直接ご連絡頂ければ神職が責任をもって、大神様に皆様の願いを祝詞を奏上してご祈念いたします。その後、持参するか郵送をもって御守や記念の品をお送りさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。


本来、御守りはお参りされた方に直接お受け頂くものですが、このような現状を鑑み、『復旧までの間』ご希望の方に郵送・手渡しにて送付させて頂く運びとなりました。


尚、神社への参拝が可能になりましたら、HPや新聞などの媒体にてその旨広報いたします。それまでの間、上記の方法での対応となります事をお許しください。

御守り・御札・御朱印の送付案内ページ へ

春季大祭 献幣の儀 


春季大祭 献幣の儀 



毎年4月24日には、「春季大祭 献幣の儀」が斎行されます。清正公のご神徳を偲ぶと共に、皇室の弥栄・国家の繁栄・世界の平和、そして氏子、崇敬者の方々の幸福をお祈りする、年間の恒例祭の中で、最も重要な神事です。

十三まいり

十三参り 【3月13日~5月13日】

数え年十三才は、元来自分の誕生の時の干支が、再び巡ってきた節目の年です。十三才の春は、まさに“つぼみが花開く時”思春期の大切な年頃です。親子そろって“肥後熊本十三まいり”の祈願をして、行末が健康で幸福であるよう、また、智福を授かり、大人への成長がなされるようご祈念下さい。

祈願のお申し込みは当神社、社務所または授与所にて受け付けています。

第十三代宮司就任

桜花が春の温かな日差しの中で生き生きと咲き誇っておりますが、皆様におかれましても益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。

私、この度平成27年4月1日より、第十三代代表役員宮司を拝命する事となりました湯田崇弘と申します。若輩の上浅学非才の身でございますが、これまで先輩方が守り伝えてこられましたご祭神加藤清正公を始め加藤神社に鎮まられます大神様のご神徳の昂揚に全身全霊で努めて参る覚悟でございますので、これまで同様のご信仰とお付き合いの程を何卒宜しくお願いし申し上げます。
尚、先代宮司湯田栄弘は、引き続き名誉宮司としてご奉仕させて頂きますので併せて宜しくお願い致します。

加藤清正公ボトルアーマー





人吉鳥越商店様・ZIPANG様・瑞鷹様より、販売されることとなった
「加藤清正公甲冑と瑞鷹の大吟醸雫取」のコラボ作品ボトルアーマー
をご奉納頂きました。http://www.zpg.jp をご覧ください。

甲冑製作が一体2ヶ月ほど掛かるそうで、現在当社にご奉納された
ものを併せても十体ほどしかないようですが、購入ご希望の方おられ
ましたら下記にお問い合わせください。

合資会社 鳥越商店
人吉市西間上町810‐1番地 0966-22-2375
担当者 鳥越常務

くまモンが現れます

加藤神社の境内でゆるキャラで大人気のくまモンと一緒に記念写真が撮れますよ。スマートフォンにくまフォトアプリをダウンロードしてコードにかざすとするとくまモンが現れます。

kuma1350787934605.jpg kuma1350788398110.jpg

詳しくはこちらのサイトから→ くまフォト

和のリングピロー




熊本城内の加藤神社では、年間150組ほどの方々が大前における熊本の古式に則った本格的神前結婚式により夫婦の道をスタートされています。その際、式次第の中で、「指輪交換の儀」があります。今では、ケースに入れる状態ではなく、リングピローにのせて交換をする形式が増えて参りました。
そこで、せっかくならば、和のリングピローが雰囲気に合うということで、社頭において、写真の白無垢・色打掛の生地を使ったリングピローを取り扱うことにいたしました。
全国の神社においては、当神社だけでの取扱いになります。式後は、記念の品としてご自宅にお飾りもできるようになっております。ご希望の際は、婚礼担当者までお申し付けください。
白無垢生地12,000円  色打掛生地14,000円

 「夏越大祓」 茅の輪くぐり (6月30日)

日本には古来より様々な神事や儀礼があります。それは過去を振り返り、明日からの生活をより豊かにするためのものであります。
その中で6月30日の夏越大祓、12月31日の年越大祓半年の罪穢を祓い清める年2回の精神的決算日であります。
そこで加藤神社におきましては、人とペットの災難除の為の年に1度の夏越大祓を斎行致しております。

人にも車にもペットにも諸々の災いなく、常に明るく幸せな日々を送れますように、ぜひ、「清正公」へのご祈祷とご参列、また形代神事をお申込みくださいますようご案内申し上げます。

6月30日 午後2時より 夏越大祓神事
6月30日 午後3時より10時まで 茅の輪くぐり

※人用、車用、ペット用形代は社務所にて準備しております。

「人生の節目」 (6月1日)

厄年・還暦などの人生儀礼
それはさらなる健康と幸せとを神々に祈り
大きな節目をつける年・・・。

厄入・厄晴・還暦等年祝参拝※年祝表参照
六月一日は午前六時よりご祈願いたします。
尚、遅くとも六月中にはご祈願ください。

清正公まつり

毎年七月の第四日曜日はせいしょこまつりです。前夜祭にはステージや夜店も出て境内は賑やかになります。本祭の迫力ある神幸行列は見ごたえがあります。ぜひご家族揃ってお越しください。