熊本城城内に鎮座する加藤神社は熊本発展の礎を築かれたセイショコさん(加藤清正公)をお祀りする神社です

p1110946.jpg p1120272.jpg p1030532.jpg p1090840.jpg p1030486.jpg


永きにわたる皆様のご崇敬を賜り
令和3年、加藤神社は創建一五〇年を迎えました。
~各種奉祝事業計画中~



この度「令和4年のお札と縁起物」を12月15日より頒布を開始いたします。

※今回早期頒布するのは「御札」と「熊手や破魔矢などの縁起物」のみです。
※新しい「お守り」は1月1日からの頒布となります。ご了承ください。

元来日本人は、新春を清々しく迎えるため、家の内外を清掃し、神棚も清らかに整え、暮れには新しい御札をお祀りして新年を迎えてきました。御札と共に、ご家庭・会社団体様に福を招く『縁起物』においても同様の考え方をもって、昨年同様、早期より「御札と縁起物(破魔矢や熊手など)」の授与を開始することと致しました。

家のお守りとしての神棚まつり、福を招く縁起物を事前にお受けいただいて、安心して新年をお迎えいただけたらと存じます。

加藤神社社務所


祈願受付並びに御守授与所:朝8時から夕方5時まで
祈願ご予約の必要はございませんが、土日祝日は結婚式等お待ちいただく行事が入っている場合があります。
加藤神社社務所(096-352-7316)までお問合せください。

ただいま、新型コロナウイルス感染拡大防止のために、以下の対応をさせていただいております。ご参詣の皆さんにはご不便をおかけしますことをお詫び申し上げます。

◎ご参拝・ご祈願・授与所など通常どおり対応しております。
◎神社職員はマスクを着用し対応しております。
◎ご祈願はをお受けいただく拝殿内は、通気性の確保のためすべての窓・扉を開放しております。
◎手水舎の柄杓を撤去し、流水式にてお清めしていただけます。
◎各所にアルコール消毒液を設置しております。
◎お昼前の時間帯(10:30頃~13:00頃)は、ご祈願が集中する時間帯です。
午前中の8時~9時台、午後は14:00以降のお時間が比較的混雑は避けられるかと存じます。

その他状況により随時対応してまいります。
ご理解いただけますようお願い申し上げます。

加藤神社社務所

拝殿前方(ご神前側)拝殿前方(ご神前側)

拝殿後方(祈願者席側)拝殿後方(祈願者席側)


ご祈願・御守・御札を郵送にてお受けいただけます。


ただいま加藤神社では、現在の時世を鑑み、様々なご事情でおいでになれない方のために、郵送での御祈願、また御守御札の授与を行っております。詳細については以下のリンクをご覧くださいませ。

祈願受付ページへ  御守御札受付ページへ


【お詫びとおことわり】

年末~お正月の繁忙により、
12月15日~1月15日までの期間は
・郵送での祈願受付
・郵送での御守授与
の受付をいったん停止させていただきます。

ご希望の方は、16日以降にお申込いただきます様、お願い申し上げます。

令和三年度「清正公まつり」←詳細クリック

例年7月の第4日曜日におこなわれていた清正公まつり神幸祭ですが、感染拡大防止の観点より、神輿渡御を含む神幸行列の市内巡行を行わず、神社本殿にて神事のみ執り行う『居祭(いまつり)』にて斎行いたします。
清正公夜市・並びに神輿渡御を含む神幸行列の市内巡行を行わず、神社本殿にて神事のみ執り行います。尚、清正公夜市は全て中止となります。

昨年に引き続き2度目の御巡行中止となりましたことは、例年ご奉賛、ご協力頂いている皆様、心待ちになされている皆様に誠に申し訳なく、残念でなりません。今はただ「疫病退散の神」とも称えられる加藤清正公にひと時も早いコロナ禍の終息を迎えられるよう祈りを重ねるのみであります。

つきましては下記の通りとなりますので、事情ご賢察たまわり、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

【本年(令和三年)】
◎ 清正公まつり「清正公夜市」〔七月十七日(土)〕中止
「神幸行列」 〔七月二十五日(日)居祭(いまつり)にて
*「居祭」とは、神輿渡御を含む神幸行列の市内巡行を行わず、神社本殿にて「神幸祭」(しんこうさい)「還幸祭」(かんこうさい)の神事のみを行う形の祭りを言います。

加藤神社分祠創建 ←詳細クリック

4月19日の加藤神社での御分霊祭に続いて、4月20日、澄み渡る青空の下、厳粛のうちに御鎮座祭を斎行、熊本の玄関口をお見守りになる加藤神社の分祠が創建されました。
加藤神社創建150年である本年に、この場所に創建されたことは大変意義深いことであります。
4月23日からアミュプラザ熊本がグランドオープンとなります。
お立ち寄りの際は、ぜひ『3階のおおやねテラス内・加藤神社分祠』にお参りくださいませ。

加藤神社社務所



緑豊かな熊本城内にある、肥後の総鎮護と称される加藤神社は、ひろく「せいしょこさん」の愛称で親しまれ、熊本の基礎を築かれた大恩人であられる加藤清正公をおまつりする最もご縁深い結婚式場として御利用頂いております。
必ずや縁結びによき思い出のお宮としてご満足いただけると確信しています。また、将来にわたっても、初宮詣、七五三など末永いお付き合いのできる「おふたりのふるさと」として、人生の喜びをいっそう幸多きものにしていただければと念願しております。 LinkIcon神前式詳細



宵の婚礼「つきあかり」・・・数え切れないほどの竹灯篭によって幻想的な空間。優しい灯りにつつまれて神前で愛を神様に誓う。新しいスタイルの結婚式です。LinkIconつきあかり